ブログ

パニック障害に関して

カテゴリー:ブログ, 院長ブログ

サンケイリビングの方と、パニック障害に関しての打ち合わせに行って参りました。

まずパニック障害の一般的な内容に関して、頻度が1%から数%に達すること、

身体症状が多く、内科に行かれることが多いこと、また正しい知識がないと不安神経症や

心臓神経症として扱われること、隠れ貧血や、甲状腺機能機能障害も除外することが大切であることなど話し合われました。

また心身症、つまりストレスの蓄積で、体からのメッセージとして、表現がパニック発作を取ることも多いという点を指摘しました。

ストレスには、過労、対人関係ストレス、育児ストレス、睡眠障害などです。

パニック発作の具体的な症状ですが、突然始まる動悸、呼吸苦、胸が詰まる感覚、吐き気、めまい、死の恐怖などを生じ、10分から15分継続する事です。

パニック発作が生じた状況を回避したい気持ちが高まり、日常生活も不安感が強くなります。

私は、生物・心理・社会面のそれぞれからアプローチや助言をするようにしております。

パニック障害もそれぞれの側面からアプローチする事が重要です。

生物面は、オーソモレキュラー栄養療法に基づく栄養指導、特に隠れ貧血などと一般的薬物療法、

心理面は、パニック障害に関する知識と経過の説明、不安階層表に基づく行動療法的助言、

社会面は家族の理解と支援要請、付き添いや、時によりご本人に休職してもらうことなどです。

ご参考にして頂けると幸いです。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―…‥・・
海浜ハートケアクリニック
院長 仲宗根 敏之
〒654-0045 兵庫県神戸市須磨区松風町5丁目2-33
JR須磨海浜公園駅クリニックモ-ル103号
TEL:078-733-3701
HP: http://kaihin-clinic.com
※(心療内科・精神科)パニック障害・不安神経症・不眠のご相談は当院へ
・・‥…―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
by nakasone | 2017.02.22 |