ブログ

割り切り力のススメ 第2章その(5)

カテゴリー:ブログ, 院長ブログ

今日は神戸は、暖かいような、寒いようなではっきりしない気温ですね。季節の移り変わりは、そういうものでしょうか。

人の気持ちも移ろいます。自分も周りの人もそうです。ずっと同じはありません。

変化を楽しめるようにありたいですね。

それでは続きを掲載します。

⭐️自分が思う自分と、他人が見た自分は違う

性格習慣病のところでもお話ししたように、人は自分のことが一番わからないものです。特に、「自分ばかり厳しくされている」「自分は嫌われているようだ」と感じるようなとき、その相手の目に、自分はどう映っているのかを少し考えてみると、悩みの構図が変化することがあります。

●先輩や同僚から敬遠され、孤立している

Eさん(40代・女性)は営業職で、目鼻立ちのくっきりとした美人でした。

「美人なら、悩みもなさそう」と思われるかもしれませんが、人によっては「キツい印象になる」などのデメリットもあるものです。

Eさんはサバサバした性格で、ものの言い方もはっきりしているので、「これはキツく受け止める人もいそうだな」という印象でした。

仕事の面ではそれがいい方向に働き、お客様の信用を得るなど、抜群の成績を上げているようでしたが、スタッフ間、特に先輩からは敬遠され、孤立する傾向にありました。

「直接、意地悪をされるようなことはないのですが、なんとなく先輩や同僚の態度に冷ややかなものを感じるんです。飲み会にも誘われなかったり……。仕事は好きなのですが、会社には行きたくない、と思うことが増えてきて、つらいです」

そう訴える彼女に、私は、

「先輩や同僚の方々が、あなたのことをどう思っているか、想像したことはありますか? どんなふうに見ていると思いますか?」

と、尋ねてみました。「仕事ができる」「美人」とは、さすがに答えづらそうだったので、助け舟を出し、

「あなたに対する嫉妬が多分にありそうです。容姿はさておき、成績で先輩たちを抜いてしまっていることは、みんながわかっているわけでしょう。勝ってしまった分、丁寧に物腰低く接すると、相手の気持ちも変わりますよ。『実るほど頭を垂れる稲穂かな』という言葉もあるでしょう」

と、アドバイスしました。ここで言う「物腰低く」とは、周囲の嫉妬をかわすために、あえて下っ端仕事を買って出る(例:来客へのお茶出し、電話取り、デスクの掃除や公共部の掃除、朝イチに出社など)ということです。

「あの人は実績があるのに、謙虚で初心に返れる人だな~」と思ってもらったり、よい評判がたてば、必ず陰の援護者が出てくるはずです。

その後、Eさんがまわりに物腰低く接するようになったことで、先輩たちの態度も少しずつ軟化し、「会社に行くのが憂うつではなくなってきた」とのことです。

何より大きかったのが、

「周囲の態度の原因が『嫉妬』と思えたことで、気持ちがスッキリしたこと」

だと話してくれました。

「スッキリした」とは「腑に落ちる」ということです。腑に落ちない状況は、人にストレスを与えます。腑に落ちない状況をため込んでいった結果、多くの人が深刻な精神状態に陥るのです。

自分が望んだ答えではなくても、「そういうことか」と割り切ることで「腑に落ちる」に近い状況に持っていけることも多々あります。

●あいさつをしても自分だけ上司に注意される

また、同じく営業職の30代男性は、いわゆる仏頂面の人でした。私の診療室に入ってくる歩き方、椅子の座り方などを見ても、少々荒っぽく、低い声でボソボソ話すので、正直「機嫌が悪いのかな」という印象を受けました。

この男性の悩みは、上司との折り合いが悪いとのことでした。「あいさつをしても、自分だけ注意される」などと言う彼の自己分析は驚くことに、「気が弱くて、人見知り」でした。そこで、私がこれまでに受けた印象を伝えると、

「本当ですか? そんな印象を与えていたなんて、想像したこともなかったです」

と、びっくりしていました。

たとえば、職人さんなど、家でひとりでする仕事の場合、ある程度の頑固ぶりや仏頂面も許されるかもしれませんが、組織の中で働く場合は、チームワークが大事です。

見た目の印象の良し悪しが対人関係を大きく左右すると言えます。

彼には「意識して笑顔でいること」「物腰を柔らかくしていくこと」を心がけるよう、アドバイスしました。

自分が思う自分と、他人の目に映る自分は違うもの。悩みの中にいるとき、人は特に自分の感情にだけ固執してしまいがちです。

そんなときこそ、相手に自分がどう見えているか、想像してみましょう。そして、相手の気持ちがわかったら、それを逆なですることがないよう、まずは自分を変えてみてください。
〈割り切るためのヒント〉

① 自分にイヤなことをしてくる相手にとって、自分はどう見えているのかを想像してみる。

② 職場では「物腰を低くする」など、相手にとって、好ましい方向に自分を変えてみる。

③ 腑に落ちない状況であれば、自分なりに理由を探って「腑に落ちる」状況に持っていく。

⭐️コメントです。

自分のことは案外わからないものですね。

他者という鏡が、自分を知るには必要なのでしょう。

お互いの支え合いが必要な生き物なのでしょうね。

須磨海岸も、秋になり落ちついています。海風がきつい日は少し寒いですが、天気の良い日はおすすめの神戸のリフレッシュスポットです☆

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―…‥・・
海浜ハートケアクリニック
院長 仲宗根 敏之
〒654-0045 兵庫県神戸市須磨区松風町5丁目2-33
JR須磨海浜公園駅クリニックモ-ル103号
TEL:078-733-3701
HP: http://kaihin-clinic.com
※(心療内科・精神科)パニック障害・不安神経症・不眠のご相談は当院へ
・・‥…―━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
by nakasone | 2017.11.09 |